このサイトについて

わたしたちについて

1TO2BLDG.とは

こんにちは。1TO2BLDG.と書いてイチトニビルと読みます。「様々な事業者の1歩目2歩目を共に歩もう」をコンセプトに2017年にオープンしました。1・2Fはカフェ・物販スペース、3Fはレンタルスペース、4Fにはオフィススペースからなる、空きビル1棟をリノベーションした複合型店舗です。また店舗運営の他にも、ビル内で毎月開催していた「イチトニ市」や外部商店街や公園などの公共空間でマルシェイベントの企画・運営も行ってきました。

1TO2BLDG.のサイトはこちら

運営会社のサイトはこちら

旅するイチトニ市 in Online

オンラインマルシェ開催への想い

今回のコロナウィルスで現在も店舗の自粛・イベントの中止により様々な場所・仕事に影響が出ているものと実感しています。そもそも店舗やイベントの開催地など、場所に人を集めることが仕事のわたしたちがそれができない。感染拡大の一端にならないためにやれることは、普段自分たちが行うべき仕事と完全に逆のこと。困りました。 イベントや出店のために仕入れてもの、仕込んできたもの、予算をかけて準備してきたこと全てが無駄になりました。

わたしたち自身も被害を受け続けてる中で、ただたた収束を待つのではなく何か自分たちにこんな時だから、できることがないかとスタッフみんなで話し合いました。そして行き着いた答えは今まで通り「マルシェ」をやろう。 でした。 これから全く新しいことをやろうとしても時間もかかるし、各方面で得意な方々がいる。その方々に任せたほうがいい。自分たちは今までやってきたことを改めてやろうと。 ただし、場所はオンラインで。

オンランマルシェとECサイトの違い

ECサイトとの違い

商品の目的を決めていかに安く買うかという購買動機は、スーパーやファストファッションなど、普段から行われていると思います。それはオンラインに置き換えると楽天市場さんやAMAZONさんなど大手ECサイトで、購入する感覚に近いと思っています。

一方マルシェは目的を明確に決めずに、様々な作家さんの「ヒト」との出会いや、食べ物や商品の「モノ」との出会い、ワークショップやトークショーなど体験による「コト」との出会いなど、新しい出会いの場所だと思っています。このサイトをオンライン上の公園に見立てて、ローカルな事業者・作家さんなど一同に見れて購入までたどりつける。あくまで事業者を羅列したまとめサイトではなく、いろんな商品が目に入ってくる、まるで公園のマルシェイベントを散策しているような感覚を、オンライン上で模擬体験ができるんじゃないかと考えました。

一人よりもみんなで

事業者それぞれが独自のオンラインショップを立ち上げることも、もちろんできますがオンライン上で言えば、一人の作家さんが舗装されていない山の中にポツンと店舗をオープンするようなものです。かと言って大規模なECモールにこれから出店しても、圧倒的商品数の中で動線が作りにくい。さらに手数料や使用料など経費もかかり、個人作家さんにとっては難しい選択です。

わたしたちが造り上げたいのは、なんでも揃う巨大なスーパー=大手ECモールではなく、ローカルな事業との新しい発見・出会いがあるマルシェ=中規模なECモールを目的にしています。一人よりはみんなで、多すぎず少なすぎす、集まることでちょうどいい空気感を出せればと思っています。

サイトの楽しみ方

このサイトはオンラインショップではありません

当サイトは商品・事業者を紹介するサイトであり、このサイト内での決済機能はございません。商品に興味があり購入希望のお客様は、「販売サイトへ」ボタンをクリックし各事業者のオンラインショップへアクセスし直接ご購入ください。

これには、ECモールのように商品の在庫管理や決済代行を私たちがしない代わりに、余分な手数料などがかからず、各事業者に直接売上となる仕組みのため、当サイトの仕様についてご理解ください。また通常のマルシェイベントでも同様に、各出店ブースそれぞれがお客様に直接商品・決済・コミュニケーションをとるその模擬体験を大事にしています。マルシェイベントの会場内で様々な事業者から購入した袋を持って、歩くことも楽しみの一つとしてご理解いただけると幸いです。

オンラインでも「外」を体感できるように

オンラインでも少しでも、外の空気感・風・音など温度感を感じてもらえるように、サイト内の♫ボタンを押すと、オリジナルの音楽が流れます。こちらの音楽はヴァイオニスト小畑さんがご協力してくださりました。是非、自宅などで音楽をオンにして楽しんでいただけると私たちも嬉しいです。

音楽の紹介ページ

プロモーションのムービーも作成しました

1TO2スタッフの動画編集の素人が、はじめて作った動画です。温かい目で見ていただけると幸いです。

フルムービーはこちら