おうちカフェ

Bal Musette仙台市泉区桂の老舗コーヒーロースターカフェ

Caffe Bal Musetteさんは、
1996年にコーヒーロースター併設カフェとしてスタート。
仙台のコーヒー界を代表する老舗珈琲店です。

店名の由来は、楽器アコーディオンを指す ‘musette‘ が、その後、ヨーロッパにおけるダンスホール(社交場)の通称になっていった言葉に由来し、人々が気兼ね無しに集まり、会話を楽しむ...そんな場所を提供出来たらという想いが込められています。

--------------------------------------------------

【オーナー川口さんより】
オープン当時は、日本において焙煎コーヒー豆、そしてその原料であるコーヒー生豆に、鮮度が必要とされる事など全く認知されておらず、それどころか、長年寝かせれば、より味に深みが出て価値が上がるなどと言った迷信が幅を利かせる、そんな時代でした。
日本は生産国から赤道を跨いで船で運ばれるといった、そんな立地からか、届いた麻袋を開いてみれば、甘みを生み出す鮮度とは、程遠い...発酵しているものも多く、炭焼き珈琲などと云った手法で焦げるまで焼いて、その発酵臭をカモフラージュした珈琲を無理やり流し込む...そんな時世でした。

エスプレッソが苦くない!?
ヨーロッパを巡るうちに、この事に気付けたのが、その後の私の焙煎手法に大きな変革をもたらしました。
鮮度の保たれた生豆に、焦げを排除した焙煎を施す事で、今まで苦味に隠されていたとても甘く、ジューシーな風味を引き出せる事が分かったのです。

< Bal Musetteのコーヒーに対する理念 >

・鮮度の高いコーヒー生豆を生産各国より入手するために、信頼のおける現地のエクスポーターと日本のインポーターとのパイプを構築する。
・焦げを排除した焙煎方法により、コーヒーが本来持っている花、果実、スパイス、ナッツ、チョコ etc. その素材感をしっかりと表現する。
・スイーツとのペアリングはもちろんのこと、ワインのようにお料理と合わせたり、あるいはその隠し味としての提案をしていく。

--------------------------------------------------

今回「旅するイチとニ市」では、従来の内容に加えて
何種類かの銘柄を少しずつ詰め合わせたもの、
抽出器具をお持ちでなくても楽しめるもの、
注ぐだけですぐ飲めるタイプのもの、などをラインナップしていただきました!

【Bal Musetteさんからメッセージ】
ご来店して頂きたい気持ちを今は抑え、まずはご家庭にて私供のプロダクトをご賞味下さいます事を願っております。