出展者紹介 | 月日工作舎

今日は石巻にてアップサイクル&古道具のお店を構える月日工作舎さんのご紹介です。

お店の想い

古い家具や古材をアップサイクルして家具や雑貨を作っています。 いま在るものを無駄なく生かすものづくりを大切にしています。

「月日工作舎」という名前の由来は、「月日が経つ」などの時間の流れを現し、家具と長い月日を共に過ごしてもらいたいという願いが込められているそうです。モノを「売る」だけでなく、「作る」こともできるお店として、お店で制作したモノたちが新しい住まいへ旅立ってほしいという願いを込めています。

月日工作舎の店主、山内さんのと出会いは前職で石巻の雑貨店で働いていた頃。現、月日工作舎さんの店舗の場所に創作こけしの石巻こけしさん(tree tree Ishinomki)さんがあり、商品開発で石巻こけしさんに度々通っておりました。そのすぐお隣の狭いスペースに月日工作舎さん(当時のU.P.C Upcycleさん)の工房があり、そこからのご縁です。

月日工作舎さんのコンセプトは「あるもの活かしで暮らしを楽しく」がモットー。上の画像のように、水平器と試験管を組み合わせてフラワーベースを作ったりと、古道具や廃材に付加価値を加えて、新たな命を吹き込むアイディアは独創的でとても興味を惹くものがあります。

また、アップサイクル製品の制作のみならず、壁塗りの内装を手掛けたり、オーダー家具の製作や修理をしたりと店舗などの空間づくりにかかわる作業も得意としております。

月日工作舎さんの店内。建物自体は古いですが、壁材や内装などセルフリノベーションしており、木が感じられる温かみのある店内となっております。

お家で過ごす時間の多い今、月日工作舎さんのアイテムを参考に心地よい空間づくりをするのもよいですね!その他、内装や家具のことなどお困りのことがあれば、ぜひ月日工作舎さんにご相談してみて下さいね。


店舗情報

石巻市立町2丁目5−20

TEL    090-2023-1261
MAIL   takeshi@tsukihikousakusya.com

この記事を書いた人
Sayuri Watanabe(プランナー)

関連記事