出展者紹介 | 浜の暮らしのはまぐり堂

今日は、石巻の小さな浜から浜の暮らしと食を伝えるはまぐり堂さんのご紹介です。

お店の想い

宮城県石巻・牡鹿半島に位置する、海と山に囲まれた小さな浜のお店です。季節ごとに、海や山の恵みとともに営まれる豊かな浜の暮らし。
ゆったり流れる浜時間を少しでも感じていただけますように。そんな思いを込めて日々、食とものづくりをつづけています。

浜の暮らしのはまぐり堂さんは、2011年におきた東日本大震災の後、津波で被災した蛤浜に、人が足を運び集える場所を、という想いで、自分たちの手で泥掻きをしながら、少しづつ古民家を改装し作られたカフェです。当時はCafeはまぐり堂の名で営業しておりました。実ははまぐり堂さんがオープンした2013年当時、私自身も石巻市内の商業施設で前職時代のインテリアショップの立ち上げで4月から3年ほど石巻で働いておりました。今思うとこの時期に、石巻で過ごした3年間は今の自分に繋がる色々な気付きをくれた時期でもあります。

もちろん、はまぐり堂さんにも何度も通っておりました。はまぐり堂さんに向かう途中に見える万石浦の湖が、青空と太陽に照らされてキラキラと光る景色が大好きで、ちょっとした小旅行の気分を毎回味わっていました。ちょうど今からが気持ちがいい季節です。

私が影響を受け、今でも鮮明に覚えているのは、はまぐり堂さんのテーブルの引き出しにあった、はまぐり堂ができるまでの写真と記録のアルバム。震災後、まだ様々な面で大変だった時期に、自分たちの手で人が集まる場所を残し、作っていく、何気なく見たそのアルバムからは前向きな想いやパワーしか伝わってこず、石巻に自分が来たことの意味や自分にももっとできることはあるんじゃないか?と考えさせられるきっかけになりました。

そんなはまぐり堂さんもオープンから7年が経ち、現在はカフェという括りにとらわれず、漁業や自然体験アクティビティ、牡鹿半島の鹿革を使ったものづくりなど浜の暮らしをまるごと体感できる一つの小さな村のような存在になっています。豊かな浜の暮らしを未来へつないでいくため、人と自然の循環づくりに取り組むはまぐり堂さんの活動。すべてが繋がり、循環していく。これからの未来に必要な理想の暮らしの在り方と感じます。

WEB SHOPでは浜の暮らしが感じられるセットなども販売しておりますので、今はこちらで蛤浜を感じていただきつつ、再開した際にはぜひ足を運んでキレイな海や景色を眺めながら、浜の食材を使ったおいしいごはんを食べたり、ヤギたちに戯れてみて下さいね。


店舗情報

宮城県石巻桃浦字蛤浜18
TEL 0225-90-2909
MAIL   info@hamaguridou.com

この記事を書いた人

Sayuri Watanabe(プランナー)

関連記事