出展者紹介 | レトロJAM印刷

こんにちは。今日は今年からスタートした1TO2の新企画「文化祭」にもご参加いただいたレトロJAM印刷さんのご紹介です。

お店の想い

「遊ぶ」っておもしろい

JAMは世界中の人々と、ものづくりを通して一緒に遊びながら、楽しい世の中を築けるよう取り組んでいます。自分の手でつくるって、世の中と向き合うポジティブな方法。新しい視点を見つけ、そしてたくさんの喜びに出会う方法。

「つくる」は楽しい、「つくる」は発見、「つくる」は遊び。

なんにしても「遊ぶ」って、おもしろい。
そんな当たり前に思うようなことをかみしめながら、
少しずつ前進しながら、おもしろいを広げていきたいと思っています。

レトロJAM印刷は、デジタル孔版印刷専門のインターネット印刷通販サービスやシルクスクリーン製版サービスを主とする大阪にある印刷会社です。2001年の創業当時は早さと安さを売りにしていた「スピード印刷JAM」として誕生しましたが、2008年には クリエイターの作品作りのための印刷 「レトロJAM印刷」へと舵を切り、製本やシルクスクリーンなど紙や印刷を楽しむ体験や商品の開発、イベントの開催など様々な取り組みを経て現在に至ります。1TO2を運営するブライトでも大変お世話になっている印刷会社さんです。

1月に開催した印刷と音楽を楽しむイベント「文化祭」ではレトロJAMさんに 「 SURIMACCA」を使ったシルクスクリーンのワークショップを開催していただきました。このSURIMACCA(スリマッカ)とは、自由に組み立てて作れるシルクスクリーンキットのこと。通常、シルクスクリーンで使うフレームはアルミや木で作られており、印刷サイズが変わるとその都度フレームが必要になりますが、SURIMACCAはブロックのようにパーツをつなぎ合わせてサイズの違うフレームを自由に組み立てることができるので、フレームをたくさんそろえる必要がなく、ご自宅でも簡単にシルクスクリーンを楽しむことができます。設備や環境が整っていないと難しいと思われていたシルクスクリーンも、SURIMACCAなら誰でも気軽に簡単にシルクスクリーンを楽しむことができるのです。

「シルクスクリーン」ときいて、知っている人も知らない人も、おうちでできるものではない印象の方が多いかと思います。
SURIMACCAを使えば、場所も特殊な機材も必要なく、おうちで簡単!お子さまも、たのしんでものづくりができます!自分の描いた絵で、Tシャツやトートバッグが作れます!
シルクスクリーンは簡単です!ですが、1枚1枚手作りで印刷の作業をしていきます。同じ版でも印刷する人によって、色によって、かすれたり、少し位置が違っていたり、いろんな表現になります。すごくアナログなんです。
なんでもパソコンで、SNSでやりとりもできる便利な世の中ですが実際にインクを触って、手作業して、そういうものづくりの時間はとても楽しく充実した時間になると思います。
おうちでスリマッカ!おうち時間が長い今、やったことない人もぜひ、挑戦してみてください。

私も文化祭で念願のSURIMACCAを体験しました!自分で描いたイラストでその場で判を作っていただき、キットを組み立てて、 インクを選んで、キットにはめた判の上からインクを載せ、刷るという作業。とっても簡単でした◎デジタルな時代にあえてアナログな作業を体験することの楽しさと印刷も力の入れ方でまた刷り具合も若干異なってくることなども楽しい。子供のころ、「プリントゴッコ」(今は惜しくも廃盤)という機械で年賀状を刷るのが大好きでしたが、その感覚を思い出しました。

今は自宅で過ごす時間が多いと思いますが、家族みんなでお揃いのTシャツをつくったり、トートバッグや巾着なんかも簡単につくれます。グッズ販売しているプロの方から家族みんなで楽しむ時間まで幅広く楽しんで遊べるセットです!動画で作り方なども配信中ですので、ぜひ使ってみてください!


会社情報

大阪府大阪市北区豊崎6-6-23
TEL 06-6485-2602
MAIL surimacca@jam-p.com

この記事を書いた人

Sayuri Watanabe(プランナー)

関連記事