レシピ|JAM CAFEのベイクドチーズケーキ


こんにちは。山路裕希(やまじゆうき)です。

お店でチーズケーキを作るときに、最後、生地を型に流して焼くんですけど型によって量が変わらない様に、生地を計りながら分けていきます。(当たり前ですけど)こっちのケーキが多くて、こっちのケーキが少ないとかなったら困るからです。

で、そんなことを今日もしてたら
「あれ?」って。「なんか量が少ない…」ってなって。(いつも大体何グラムずつかっていうのが分かっているからです)
今日は少し量をいつもの倍に増やして作っていたのですが、どうやらいつもの分量しかクリームを入れていなかったんです。これは味を見れば分かります。チーズケーキは焼く前の味が焼き上がりの味そのままですから。

いやぁ気づいて良かった、、そういえば今日、型に流す前に生地の味見しなかったんですよね。いつもはするのに何故か今日はしなくて。
でも計量で気づけて良かった。味見と計量という二段構えのシステムにしておいて良かったなぁと改めて。計量でミスが発覚すれば味見で何が足りないかも分かる。
最初に味見で気づけなくても、計量で気づける。
いやぁ長いことやってるけど初めてでびっくりしました。笑

油断や慢心って本当に怖いですね。

以前ブログなんかでも公開してたんですけどうちのチーズケーキの作り方載せておきます。
たまに「いいんですか?!」って言われるんですけど本当に道具と作る人と場所が違うだけで全く別物です。
自由に使ってください。
(grammeさんのレシピですって付け加えてもらえると本当に嬉しいです…)

チーズケーキのレシピ

チーズケーキは絶対誰がやっても失敗しません
ほんとに。

強いて言うなら焼き時間だけですね、オーブンの加減はご自分で決めて頂くしかないので、、
あとクックパッドなどで簡単に作ろうとするのだけはおススメしません。
お菓子って手間をかければかけるほど加点されていくことを忘れないでくださいね。

準備するもの (18cm 底取れ型 1台分)

  • クリームチーズ 250g(室温に戻しておく)
  • グラニュー糖120g
  • 全卵 2個
  • 小麦粉 45g(ふるっておく)
  • ヨーグルト 200g
  • 生クリーム 200cc(脂肪分があまりに高いものは避けてください)
  • バニラビーンズ1本
  • 無塩バター 35g
  • 市販のお好きなサブレやクッキー 70g

下準備

  • クリームチーズは常温に戻しておく。
  • バニラビーンズは鞘をさいて中身を削ぎ取っておく。
  • 薄力粉は2回ふるっておく。
  • オーブンを180°Cに予熱する。

つくり方

●型を作る

  1. 小麦胚芽クラッカーをジップロックの中に入れて砕く。
  2. 無塩バターを耐熱容器にいれ、ラップをしてレンジで20〜30秒くらい温める。バターが溶けきらなければ追加で温める。溶けたバターを①のジップロックに入れ、揉み混ぜる。
  3. 溶かしバターの容器にのこったバターを少量指にとり、型全体に塗る。型の側面にはクッキングシートを貼る。底には②で揉み混ぜたものを敷く。型を冷蔵庫で冷やし固める。

●生地を作る


  1. 生地の分量に記載している順に上からしっかりとホイッパーで混ぜていく。混ぜる都度、ボウルの周りについた生地をゴムベラで拭って生地に戻す。
  2. 型に流し込む。
  3. 170℃で50分焼く。粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

<ポイント>

  • お菓子を作る時のポイントなのですが、何かを混ぜ合わせる時は状態(柔らかさや、温度など)を出 来る限り近づけてから行います。このベイクドチーズケーキも「固いものから順に」混ぜていきます が、それはチーズを緩めていき最終的には生クリームとキレイに混ぜ合わせるための作業なのです。
  • 生クリームは、脂肪分があまりに高いものは避けてください。41〜42%をお薦めします。
  • バニラビーンズは、タヒチ産よりマダガスカル産の方が手に入りやすく、香りも柔らかくオススメです。タヒチ産は少しスパイシーでクセがあります。

最初にも書きましたが失敗しませんから。自由に自信持って作ってください。
ホイッパーで作ろうがミキサーで作ろうがどちらでも美味しく出来ます。
書いてあることを1つ1つ丁寧にやっていただければ大丈夫です!
是非ご家庭でお気軽に作ってみてくださいね。
最初にも書きましたがオーブンの感じだけはもうご自分で、ですね。

JAM CAFE

この記事を書いた人

yuki yamaji(JAM CAFE)

関連記事