レシピ|鶏ももと根菜の煮物(鎌田醤油のだし醤油)

「鎌田醤油のだし醤油」を使用

材料:4人分 調理時間:約45分

  • 鶏もも 1枚(350g位)
  • ゴボウ 3分の2本
  • レンコン 200g位
  • たけのこ(茹でてある物) 200g位
  • 人参 3分の2(小めなら1本)
  • 生姜 1かけ
  • ネギの青い部分 適宜
  • [A] 水 カップ4
  • [A] だし醤油 70ml
  • [A] 酒 カップ2分の1

つくり方

  1. ゴボウはよく洗いささがきにして、レンコンは皮を向き乱切りにしてそれぞれ水にさらす。生姜は厚めの薄切りに、人参は乱切り、たけのこは5㎜くらいの厚さに切る。ゴボウとレンコンは、ザルに上げて水けを切る。鶏ももは、小さめの一口大に切る。
  2. 鍋に水([A]カップ4)をはり、鶏もも、ネギの青い部分、生姜をいれ強火で沸騰させる。出てきたアクをとり、酒([A]カップ2分の1)も入れまた出てきたアクを取る。
  3. アクが落ち着いたら、ねぎと生姜を取り出し(お好みで、生姜はそのままにして食べてもよい)、残りの野菜を入れ中火で沸騰させる。ゴボウを入れたことにより、また少しアクが出るのでそれも取る。
  4. 沸騰したら弱目の中火に下げて、だし醤油([A]70ml)を加え20分〜30分煮る。レンコンが柔らかくなっていたら、いったん冷まして味を馴染ませ完成!
  5. 皿に盛ったら三つ葉などを散らしても彩りがいいです。鶏とゴボウから出るだしと、鎌田醤油のだし醤油の旨味で、少ない調味料で汁まで飲み干したくなるような煮物になります!

今回のレシピに使った調味料

鎌田醤油のだし醤油は

鎌田醤油の蔵造り醤油をベースに、

国産の鰹節、鯖節、宗田節、椎茸でコク、

粗糖とみりんでまろやかさをだしました。

和食はもちろんのこと、ドレッシングやソース等洋食の味付けにも使えます。

この記事を書いた人

Wakaba Kurosu(MUGI STAFF)

関連記事